冬は特に気になる。サツマイモが大好きです

八百屋さんの店先に、ドラム缶製の焼き芋焼き器が冬になると出て来て、私はその前を通るときに、寒かったり、疲れていたりすると、大きな焼き芋を1本買います。

昔ながらの茶色の紙袋に入れてもらえる焼き芋は持って帰るときに手のひらまでも温めてくれます。
中はしっとり甘くて皮はちょっと硬く黒く焦げたりしていて、その皮の部分も大好きで、疲れた体を癒してくれます。

自宅にも、石焼き芋焼き器(黒い石ころがいくつか入ったお釜のような蓋つきの焼き物)があって、時間があるときは、サツマイモを買ってきて、ガスコンロで焼き芋を作って食べます。
サツマイモは他にもゆでてそのまま食べたり、サラダを作ったりもします。
優しい自然の甘さが好きで、お芋はどれも好きですが、中でもサツマイモは好きな食材です。

ほかにはスーパーで干し芋もみつけるとたまに買います。
これは、食べ始めると止まりませんが、トースターでトーストのように少し焦がしめに焼いたりすると、またねちっとした触感が少しふんわりして、なんともいえず美味しく、丸干しの芋やスライスした芋両方とも好きでいただいています。一括見積もりサイトを使って引越し費用を10万円安くできました